shuryokukai.co,.ltd

Top > Profile

プロフィール

野口 照夫 Teruo Noguchi


1974年東京生まれ。
大学在学中に現在の主力会の元となる映画部を結成し、短編作品を制作。卒業後は、映像制作会社で編集や演出などを経験し、2001年よりフリーとして活動を開始。 インディーズで制作した『演じ屋』は2001年6月に短編映画館(下北沢トリウッド)を利用し た連続ドラマという新しい試みが話題を集め、劇場前に連日行列が生まれ、入場制限が出るま での異例の大ヒットとなり、当時閉館の危機にあったトリウッドを救う事となった。2003年 2月にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭においてインディーズ作品としては初となる 「ゆうばり市民賞」を受賞。 その後、テレビドラマや映画の脚本、監督を中心にドキュメンタリー番組やプロモーションビ デオなど幅広いジャンルの作品に取り組んでいる。

 

©2001-2016 Shuryokukai Co.,Ltd. All Right Reserved.